株式会社ヨシノ自動車 採用サイト

職場はウガンダを熱望!
夢追い人が海外で天下を狙う。
海外営業 山口 大輝

志望動機はウガンダに行きたいから!ブレない男が海を渡る。

大学時代から海外で働きたいという気持ちが強かったんです。青年海外協力隊のボランティアとしてルワンダで2年の経験を積み、帰国して仕事を探しているときにヨシノ自動車の求人を見つけました。入社の決め手は3ヶ月から半年の間に、確実にウガンダに行けると言ってもらえたこと。初めて日本駐在員をアフリカに送り出すということだったので、不安はありました。でも、いざ来てみると意外と普通で、充実した日々を過ごしています。

値段は高いが信頼性も高い。目指せウガンダのナンバー1!

ウガンダでの仕事は、日本からの車の仕入れと販売です。僕たちが売る車には船代や関税が掛ってきますから、値段は高くなります。でも、良い車を仕入れて適切な値段で売っているというイメージは現地に根付いているので、高くても買ってくれるお客様はいます。為替の計算も大変なのですが、僕は大学で会計士の勉強をしていたので数字には強いんです。値段交渉も結構得意ですよ。この僕がやるからには、ヨシノ自動車をウガンダでナンバー1にしたいです。

カルチャーギャップも楽しもう!海外事業の面白さは人にあり。

海外事業部にはアフリカに対してのリスペクトがある人が向いています。日本の感覚で現地スタッフを見てしまうと、「全然仕事しないな」と思う瞬間がある。でも、心のどこかでそう思っていると、相手には伝わってしまいます。違う文化も認めてつきあっていくことが大切。現地で色々な人たちと接することができるのは楽しいですよ。日本での仕事に満足していない人にとって、アフリカでの仕事は面白いと思います。