トラック業界”鍵人”訪問記 ~共に走ってみませんか?~ 第7回 番外編

ヨシノ自動車の運送事業者向けオートリースサービスとは?

ヨシノ自動車の運送事業者向けオートリースサービスとは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親父! もう我慢ならないよ……。内勤にあがって1年。俺は車両を管理するより、乗る方が向いてるってつくづく分かった。現場に戻してくれよ!

おお!アウグストゥス! 我が息子にして真の勇者よ。しかし我がカエサル運輸も100台を越え、その管理はトラックを知っている者が適任なのじゃ。おりからの運転手不足。戻したいのはマウンテンマウンテンなのじゃが。。。

社長! 勇者アウグストゥスをトラッカーに戻す良い手だてがありますぞ!その答えは「オートリース」です!

ヨシノ自動車ユーザー様 カエサル運輸社長様にオートリースのご案内

オートリースのメリットについて

オートリースとは、オートリース会社が、お客様に代わって車両を購入し、一定期間、お客様に貸し出すサービスです。短期的・一時的な使用を目的とするレンタカーとは異なり、長期間にわたり、お客様が保有する車両と同様にご使用いただけます。また、車両を所有すると、自動車メーカーや自動車ディーラー、整備工場、保険会社などとの間で繁雑な業務が発生しますが、それらの業務を一元化でき、人的・資金的負担を大幅に削減できるのがオートリースです。

ワシはトラックの「所有」だけにこだわっていたことになる。ドライバーも得意先も、トラックが所有かリースかは気にもしないな……。

ヨシノ自動車はカエサル運輸様に、メンテナンスリースをオススメします!

オートリースにはファイナンスリースとメンテナンスリースの2つがあります。基礎的なリースプランであるファイナンスリースに、車両管理のメリットも付与しているのがメンテナンスリースです。ヨシノ自動車がオススメする、三菱オートリースのメンテナンスリースをご利用いただくと、多くの車両管理業務をアウトソーシングすることが可能です。お客様にとって「管理業務削減」「コスト削減」「財務内容改善」「経費処理合理化」の4つのメリットがあります。

メンテナンスリース導入の4つのメリットとは!?

01:管理業務削減メリット

■リース導入後の車両管理業務削減イメージ

☆総務部門から削減される業務は全16項目!
ディーラーの選定、見積取得と価格折衝、発注、請求書の受領精査と経理への支払い依頼、保険の管理と継続管理(保険台帳作成)、車両管理台帳への記入集計、修理工場との折衝、車両維持費の請求書チェックと支払い依頼、法定点検指示、整備・修理指示、自動車税の照会と納付依頼、継続車検手続、車両代替時期の検討、車両売却手続、保険会社への保険金請求手続きと折衝、事故車両の修理見積書作成指示、事故車両の修理指示

☆経理部門から削減される業務は全11項目!
車両購入資金の調達、車両代・登録諸費用・税金・保険料の支払、固定資産計上、固定資産台帳への記入、資金繰作成時の各種支払金額などの調査、車両維持費の請求書の点検・支払い手続・集計、継続車検費用の支払手続き、決算時の諸手続き(減価償却の計算など)、車両売却時の処理、保険料の支払い手続、示談成立までの費用の支払、保険金入金にともなう会計処理

☆車両使用部門から削減される全4項目!
車両維持費の予算管理(請求書受領・報告)、修理工場への車両搬入、車両入替の発案、事故車両の修理指示

やっほー! 俺の仕事がなくなった! 完膚なきまでに解放されたぞ!
これなら安心してトラックに乗れるーーー!ついでにリースで新型乗らせてくれぃ!

まだまだあります。オートリースのメリット!ドン!ドン!ドン!

02:コスト削減メリット

たとえば三菱オートリースなら、車両調達から運用にいたるまで、すべての段階でコストを見直します。スケールメリットを活かした調達費用の低減をはじめ、ご使用中にかかるメンテナンス費用などの低減を実現。さらにリース終了後も、車両売却金額の最大化を図ることで、お客様のコスト削減に貢献します。

03:財務内容改善メリット

リース車両は、貸借対照表( バランスシート)に計上はされない"オフバランス"です。これにより、車両購入と比較して固定資産と負債の圧縮が可能となり財務諸表を向上させる効果があります。
※企業規模や契約条件によってはオンバランスとなる場合があります

04:経理処理合理化メリット

車両経費の勘定科目は多岐にわたるため、経理処理も繁雑になりがちです。オートリースの導入は車両経費をリース料に一本化でき、年度や月毎の支払い額を平準化できます。また、リース料は全額損金扱いのため決算処理もシンプルにできます。
※企業規模や契約条件などによっては、経理処理が異なる場合があります。

リンゴが木から落ちるのは重力のせい。モデルがモテるのは美貌のせい。ベテランが事故らないのは経験のせい。すべての物事には理由があります。オートリースがメリットだらけなのは「所有」しないからなのです!(ヨシノ・オートリースコンサルタント)

もはやオートリースを活用しない手はありませんな。しかも現状、所有している車両をオートリースに切り替えれば、運用資金を手にすることもできます!(社員旅行!ボーナス!)

右腕アリストテレスよ。運用資金は会社の未来じゃ(銀座の接待は外せまい)。さてリースにすることで、我がかわいい精鋭たちを守れるようなサービスはないものかのぅ。

もちろんあります! リースを越えた新サービス! MALテレマティクスサービス®!

MALテレマティクスサービス® とは、専用の車載機器によって危険運転映像と運行データ(速度・距離時間・位置など)を記録し、車両の使用状況を「見える化」できるサービスです。

01:メリット

☆事故削減!
→保険料金の削減 / 事故損害額の削減 / 事故対応費の削減 / 企業のイメージダウン防止が可能

☆ランニングコスト削減&環境対策!
→燃料費の削減 / タイヤ等整備費の削減 / CO2削減活動の取り組みが可能

☆運行管理の負担軽減!
→運行日報の作成負担の軽減/低稼働車両の削減/運行管理業務の削減が可能

02:MALテレマティクスサービス全体構成

危険運転映像

運行軌跡

運行日報

03:機能・特徴

☆車両の使用状況が見える!
■危険運転映像と運行データ〔速度距離時間・位置など)が記録できます。
■データの一元管理により各拠点での車両使用状況が「見える化」できます。

☆映像が簡単に活用できる!
■ヒヤリハットが起こった前後計20秒の映像を記録します。
■映像を一元管理することで、急停車・急発進などのイベント別、危険レベル毎の検索ができます。

☆すぐにサービスを利用できる!
■パソコンでインターネットに接続するだけで、サービスが利用できます。
■専用ソフト、地図ソフトの購入やデータ管理用のサーバーは不要です。

この機能ならドライバーに安全運転を競わせることも可能だぞ。我が精鋭たちの奮闘ぶりを掌握できるのは、社長冥利につきるというもの。

お問い合わせこちら

サービスの詳細は三菱オートリースまでこちらより

ヨシノ自動車の超短期中古車リースサービス「フラット1・2」はこちらまで



< 対談一覧に戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加