株式会社kmftsコーポレ―ション ボルボ・ドライバー マズール・オズワルド 様

トラック業界”鍵人”訪問記 ~共に走ってみませんか?~ 第29回

株式会社kmftsコーポレ―ション ボルボ・ドライバー マズール・オズワルド様

株式会社kmftsコーポレ―ション ボルボ・ドライバー マズール・オズワルド様

マイ・ボルボを徹底解説 ~Welcome my cabin〜

マズールさんのボルボは、エアブラシによるお気に入りのグラフィティが特徴的です。絵がらもマズールさんのパーソナリティそのもので、車内のレイアウトやところどころに感じられる遊び心にあふれたブラジル人らしさも楽しいです。さっそくマズールさん自慢の愛車を案内してもらいましょう。

写真・薄井一議
デザイン・大島宏之
編集・青木雄介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番の注目は、このアメリカ国旗を背景にしたアメリカンイーグルのグラフィティ。マズールさんの最初のイメージでは「ガイコツの絵にしたかった」とのこと。でもペインターからガイコツは描けないけど、「アメリカンイーグルの背景にアメリカの国旗はどうですか?」と提案されたのだそうです。感想は「とても気に入ってる」とのこと。描いたのは2018年の11月。「マズールさんは英語も話せるし、ブラジル人っぽくない」というのがアルフレッド中渡瀬の感想で、実際に「アメリカ人ですか?」と聞かれることも多いらしいです。本人は「逆にブラジルの国旗は照れてしまうから、描くのは恥ずかしかった」とのこと。

虎のペイント。「イーグルと強い虎をセットにしたかった」とのこと。周りを暗くしたのは暗い場所から虎がこちらを窺っているイメージです。

イベントで知り合いに作ってもらったオリジナルプレート。

PE NA ESTRADAのプレート。これはブラジルで放映されているトラック運転手向けの番組のタイトル。“私たちはいつも道を走っている”という意味です。

マズールさんは大のシボレー・カマロ好きで、映画『トランスフォーマー』のマークをデザインしています。フロントとホイールキャップにもついていて、いずれ黄色いカマロ(映画の中のバンブルビー)を手に入れるのが夢だそうです。

待機時間はモニターでブラジルのYouTubeをよく見ています。インターネットがあればどんな場所も国境も超えるのを実感しますね。特に外国で働くブラジル人ドライバーの番組は、見つければ必ずチェックするそうです。

ミラーにはブラジルの国旗。さりげなさが故郷への想いを語っているようです。

マズール・オズワルド様
1973年ブラジル生まれ。1996年、初来日。2009年より大型トレーラー乗務員として株式会社kmfts(ケイエム・フィッツ)コーポレ―ション入社。現在に至る。
株式会社kmfts(ケイエム・フィッツ)コーポレ―ション

< 対談一覧に戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加